日本で車を運転するためには?必要な書類と踏んでおかなくてはならない手続きについて解説

車での移動は何かと便利なので、外国人の方でも日本で車などを運転したい場合もあるでしょう。そこで今回は、日本で自動車(オートバイを含む)や原動機付自転車を運転する方法について解説していきます。運転するために所持するべき書類や、日本で免許を交付してもらう手続きなどに関して理解を深めていきましょう。

日本で運転する方法は以下の3つ

外国の運転免許を持っている方が、日本で自動車や原動機付自転車を運転する場合には、次のいずれかの免許証を所持している必要があります。

 

  1. 日本の運転免許の取得
  2. 国際運転免許証による運転
  3. 外国運転免許証に大使館等作成の日本語の翻訳文を添付した運転(エストニア,スイス,ドイツ,フランス,ベルギー,モナコ,台湾の7か国・地域)

 

日本において運転が可能な期間について

 

上記のいずれかの免許証を所持していて、運転できる期間にも定めがあるので運転する前にチェックしてください。有効期限が切れてしまっている場合には、免許証を持っていても運転が認められません。更新してから運転するようにしましょう。

 

  1. 日本の免許証の場合:有効期限内
  2. 国際免許証/外国運転免許証:日本に上陸した日から1年間か免許証の有効期限のどちらかで、短い期間の方が適用

 

運転ができる車について

 

運転できる車両区分B、C、Dのスタンプがある車に関して運転ができます。

 

  • B:普通車(9人乗り以下)HV,HW,K,P,W1~3,RV,V,T1クラス
  • C:大型貨物車(車両総重量3.5t以上)T2~T8クラス
  • D:大型乗用車(10人乗り以上)W4,BUS2クラス


 

国際運転免許証を持っている場合

 

国際運転免許を使って、日本で自動車や原動機付自転車を運転する際には、次の2項目を同時に満たす必要があります。自国のパスポートと国際運転免許証の提示が求められるので、運転の際はいつでも携帯しておきましょう。

 

①連続して3ヶ月以上日本国外に滞在し、再上陸の日から起算して1年間。

※日本を出国後3ヶ月に見合ない期間内に再来日した場合には、その来日の日は「上陸をした日」に該当しません。

②国際運転免許証の有効期限

 

日本で発行された日本の国際運転免許証では、日本国内での運転は認められていないので日本以外の国で取得したものに限られます。

 

また、パリ条約(1926年)ワシントン条約(1943年)ウィーン条約(1968年)に基づく形式の国際運転免許証での運転は認められていないので、これに該当していないことを確認してください。

 

外国運転免許証を持っている場合

 

スイス・ドイツ・フランス・台湾・ベルギー・エストニア・モナコの運転免許証を所持している場合に限りますが、その免許証の日本語による翻訳文を併せて携帯することで、日本での運転が可能になります。

 

ただし、上陸後1年間に限るという制限付きなので、注意が必要です。

 

翻訳文の発行について

 

日本語による翻訳文を発行したい時には、各国の大使館や領事館に赴く必要があります。または、日本全国のJAF各支部にて発行することができます。しかし、免許証によってはJAFで翻訳文を発行できない場合があるので、各国の大使館や領事館に問い合わせてみてください。

 

台湾の場合には、JAFまたは台湾日本関係協会が発行した翻訳文が必要になるので、該当しているか確認しましょう。

 

この翻訳文は、外国免許証から日本の免許証への切り替えを保証するものではありません。ただ、切り替え申請を行う際に必要な書類の1つであるので大事に保管しましょう。

 

日本語による翻訳文の申し込みについて(JAF)

 

日本語による翻訳文の申し込みは、JAFの場合窓口か郵送での対応になります。

 

必要となる書類は、以下の通りで代理人による申請も可能です。

 

  1. 外国免許証の翻訳文発行申請書
  2. 外国運転免許証(原則は原本、郵送の場合にはカラーコピーが必要)
  3. 在留カードのコピー、または住民票のコピーなど

 

発行には1通あたり3,000円の手数料がかかり、郵送の場合には返送手数料もかかってきます。また、窓口であっても即日発行ができない場合もあり、郵送の場合には1~2週間程度の時間がかかることを把握しておきましょう。

 

日本の免許を取得するには


 

外国等の行政庁等の免許を受けている方は、運転可能な乗り物に関する日本の免許を、取得する手続きを申請することができます。

 

申請場所

 

日本で住んでいる場所の都道府県の運転免許センターなどで申請することができます。

 

免許の取得に要する手順

 

運転免許センターにおける免許証の取得に必要となる一般的な手順です。免許センターによって順番が前後してしまう可能性もありますが、大まかな流れとしては以下の通りです。

 

  1. 申請書類の提出
  2. 適性試験
  3. 交通規則の知識確認
  4. 運転技能の確認(実際に運転免許センター内を走行)
  5. 日本の運転免許証取得

 

手続きの方法

 

運転について必要な知識や技能などを確認し、運転において支障がないと認められた場合には免許試験の一部(学科試験・技能試験)が免除されることになります。

 

外国の免許を受けた後、その国に通算して3か月以上滞在していることが条件となり、証明できる資料が必要になるので持参してください。

 

また、代理での申請は認められていないので、本人が申請しに行く必要があります。

 

免許を申請する時に必要になる書類

 

  1. 申請書
  2. 申請用写真1枚(大きさ3.0×2.4㎝)
  3. 本籍記載の住民票の写し
  4. 健康保険証の被保険証、マイナンバーカード、在留カード
  5. 外国等の行政庁等の免許に係る免許証
  6. 上記免許証の日本語による翻訳文
  7. 当該免許を取得後、当該外国等に通算して3ヶ月以上滞在していたことが証明できる出入国の証印のある旅券等
  8. 手数料

 

日本の運転免許試験は外国語での受験が可能なのか

 

実技試験は日本語のみに限りますが、学科試験に関しては英語で受験が可能です。「交通の方法に関する教則」といった本がJAFから購入できるので、試験の参考にしてみるのがいいでしょう。英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語が発行されています。

 

自動車を購入したい場合

 

自動車を購入する際には、「車庫証明」「印鑑登録証明書」と印鑑が必要です。「印鑑登録証明書」の発行には、印鑑登録が事前に必要なので済ませておく必要があります。

 

「車庫証明」に関しては、駐車場を確保し自分の住んでいる地区の警察署に書類を提出することでもらえるので、これも事前に済ませておきましょう。

 

このほかに登録手続きや車検も必要になります。

 

日本の基本的な交通規則

 

交通規則には様々なものがありますが、日本での運転における基本的な規則は以下の通りです。

 

  1. 自動車や二輪車は左側を通行する
  2. 自動車はシートベルトの着用が、同乗者全員に義務付けられている
  3. 二輪車はヘルメットの装着が必須
  4. 6歳未満の幼児を乗せる場合には、チャイルドシートの使用が義務になる
  5. 歩行者と、自動車・自転車・二輪車では、どんな場合でも歩行者が優先される
  6. 交通信号や道路の標識には必ず従う
  7. サイレンを鳴らし、赤色灯を点灯しているパトカー・救急車・消防車等の緊急自動車が近づいてきた場合には必ず道を譲らなくてはならない
  8. 運転中は携帯電話は使用禁止
  9. 飲酒運転は違法行為

 

守るべき規則はほかにもありますが、基本となるのはこの9つで必ず把握しておかなくてはなりません。

 

まとめ

 

日本で車を運転するためには、免許証の所持が絶対条件です。日本の免許証でない場合には、手続きが必要になるので早い段階で手続きをしておいたほうがいいでしょう。

 

長い期間滞在するのであれば、日本の免許証を発行しておくと便利です。免許証が有効なものになっていれば、車を買わずともレンタカーを借りることもできます。手続きについて事前に把握し、スムーズに車の利用ができるようにしておきましょう。