日本の成人年齢が18歳に!なにが変わる?変わらない?

2022年4月1日から、日本の成人年齢が【18歳】に変わりました。これにより、「18歳になったらできること」と、「20歳になったらできること」のルールが変更になりました。この記事では、日本の成人年齢が変更された理由や、18歳と20歳でそれぞれできるようになることについて詳しく解説します。また、成人を祝う日本の伝統である「成人の日」や「成人式」についても紹介します。

ー目次ー

日本の成人年齢が【18歳】に変わりました!

飲酒・喫煙は20歳のまま変わらない!ルールが変わるもの・変わらないもの

  【対象:18歳から】2022年4月にルールが変わるもの

  【対象:20歳から】ルールが変わらないもの

日本の伝統【成人の日】【成人式】を知っていますか?

  成人式の衣装は?

  成人式に参加できる人は?

  成人式の参加対象は18歳?20歳?

まとめ

 

日本の成人年齢が【18歳】に変わりました!

2022年4月1日から、日本の成人年齢が【20歳】から【18歳】に変わりました。

2016年に国民の選挙権が18歳に引き下げられてから、日本では18歳を大人として扱うように、法律の変更が進んでいます。

世界的に見ても、多くの国で18歳を成人年齢としています。

日本の「成人年齢」には、主に「親の同意を得なくても自分の意志でさまざまな契約ができる年齢」という意味があります。

 

日本は少子高齢化が進んでいます。若者にできるだけ早く社会参加してもらい、経済を活性化するために成人年齢が見直されました。

 

飲酒・喫煙は20歳のまま変わらない!ルールが変わるもの・変わらないもの

今回の見直しで、成人年齢が18歳に変更されましたが、飲酒や喫煙は今まで通り20歳にならないと許されていません。日本人の若者でも、正しく理解していない人がいます。

成人年齢の変更によってルールが変わるもの、変わらないものを詳しく解説します。

 

【対象:18歳から】2022年4月にルールが変わるもの

  • 結婚年齢
    女性が結婚できる年齢は、16歳から18歳に引き上げられます。男女共に18歳から親の同意がなくても結婚することができます。
     
  • 携帯電話、クレジットカード、賃貸住宅の契約
    親や保護者の同意なしで、携帯電話やクレジットカードの契約、賃貸住宅の契約ができます。
     
  • ローンで高い買い物ができる
    住宅ローンや車のローン、カードローンなど、ローンを組んで支払いができます。
    ※ローンとは、高い買い物をする時に、銀行からお金を借り、毎月少しずつお金を返していくシステムです。
     
  • 定住者ビザ(在留資格)
    18歳以上の人は、在留資格の「未成年・未婚の実子」の対象から外れます。そのため18歳を超えると、「未成年・未婚の実子」として在留資格が取得できなくなりますのでご注意ください。詳しい情報は出入国在留管理庁のホームページ等をご確認ください  (https://www.isa.go.jp/en/applications/procedures/)。

 

【対象:20歳から】ルールが変わらないもの

  • 飲酒や喫煙
    健康面への影響や非行の防止の観点から、お酒とたばこは20歳からです。今までと変わりません。
     
  • 公営ギャンブル、パチンコ
    公営ギャンブルとは、競馬、競輪、競艇、オートレースのことです。公営ギャンブルでの投票権の購入は、20歳以上のままで変わりません。パチンコは、18歳以上が対象です。ただし、高校生は18歳になってもパチンコ店に入場できません。法律で禁止されています。
     
  • 養育費(2022年4月以前に取り決めがあった場合)
    「子どもが成人年齢になるまで養育費を支払う」という取り決めがおこなわれていた場合、子どもが20歳になるまで養育費を支払う義務があります。成人年齢が引き下げられたからといって、「支払い義務が18歳まで」にはなりません。
     
  • 国民年金
    国民年金の加入時期は、今までと変わらず20歳になったときからです。18歳になったからといって、加入や支払いを求められることはありません。納付に関する決まりも変わらず、学生(大学生・専門学校生・高校生)には支払いの先送り制度が適用されます。

 

日本の伝統【成人の日】【成人式】を知っていますか?

 

日本の伝統行事である「成人式」とは、成人年齢を迎えて新成人(新しく大人になった若者たち)を祝うイベントです。自治体が主催する成人式には、地域に住む成人を迎える若者が集まり、お祝いのスピーチや記念品などが贈られます。成人の記念になるようなプレゼントを、家族や親せきが新成人に贈ることもあります。

 

多くの日本人が成人式を大切なイベントと考えています。そのため、進学や就職などで地元から離れていた若者がわざわざ帰省し、出身地の成人式に参加することも珍しくありません。国民の祝日「成人の日」には、着飾った若者たちを多く街で見かけます。

 

成人式の衣装は?

成人式には、女性は振袖(ふりそで)と呼ばれる着物を着たり、男性は袴(はかま)と言われる着物の礼服を着たりして出席します。男女ともにスーツを着る人も多いです。衣装はレンタルサービスを利用する人が多いです。振袖や袴を着て記念撮影する「前撮り」と呼ばれるサービスも人気があります。前撮りは、ホテルやフォトスタジオで提供されています。

 

成人式に参加できる人は?

成人式に参加できる人には、自治体から案内状が送られてきます。住民票を届け出ている場合は、外国人にも成人年齢になると案内状が届きます。観光などの短期滞在で日本を訪れている場合は、住民票を登録する必要がありませんので案内状は届きません。一般的に、案内状には参加の有無を確認する返信用のハガキが一緒に入っています。成人式への参加は自由なので、もちろん成人式に参加しなくても問題はありません。

 

成人式の参加対象は18歳?20歳?

成人式は自治体の判断で開催されており、参加対象となる年齢、開催する時期や会場などは自治体によって異なります。多くの自治体は、1月の「成人の日」やその前後に成人式を開催します。大きな都市になると、コンサート会場に使われるような会場を貸切ったり、遊園地内で開催したりする自治体もあります。

 

成人年齢が18歳に引き下げられたことで、成人式の対象年齢も変更するかどうかが問題になっています。成人式の対象となる18歳は、日本では高校3年生です。1月の「成人の日」の時期は大学の受験のシーズンになります。成人式の対象を18歳に引き下げた場合の影響については、各自治体で話し合われています。

 

まとめ

日本の成人年齢が変更になった理由と、18歳になったことで【変わるもの・変わらないもの】、日本の伝統行事「成人式」について詳しく解説しました。異国で暮らす際には、その国の法律を正しく理解することが重要です。新しい成人年齢に関するルールをしっかりと確認しておきましょう。
また、伝統文化を大切にする日本人にとって、「成人の日」「成人式」は人生の中でもとても特別な日です。自治体から成人式の案内状が届いた方は、ぜひ参加してみてはいかがでしょうか。日本での成人式はステキな記念の日になることでしょう。