災害、事故、怪我など緊急時の対応はどうする?救急車や警察の連絡先まとめ

日本に住む上で、災害や事故、怪我などの緊急時の対応を把握しておくことは非常に重要です。いざというときにパニックにならないよう、事前に緊急連絡先や連絡方法、対応の流れを確認しておきましょう。今回は、日本での生活における緊急時に備えて事前に知っておきたい、緊急連絡先と対処法について徹底解説します。

緊急連絡先一覧

 

日本で災害や事故、怪我などに見舞われた際の緊急連絡先を紹介します。いざというときのために、メモなどに緊急連絡先をまとめておきましょう。

 

なお、緊急連絡先にはスマートフォンや自宅の電話はもちろん、公衆電話からもかけられます。街中に設置されている公衆電話から緊急時の電話をかける場合は、お金は必要ありません。受話器を取り番号をダイヤルするか、赤い緊急通報ボタンを押してからダイヤルするだけで、オペレーターに繋がります。

 

救急車、消防車

日本で怪我や病気になり救急車を呼びたい場合と、火災が発生し消防車を呼びたい場合には、「119」に電話をしましょう。24時間対応の災害救急情報センターのオペレーターに繋がります。日本語での電話に自信がない人も、英語のオペレーターが対応してくれるため、落ち着いて電話をしてください。

 

警察

日本で事件や事故に巻き込まれ、警察を呼びたい場合は「110」に電話します。救急車と消防車と同様に、24時間対応のオペレーターがおり、英語で電話ができるので安心してください。

 

海で事故などが発生した際には、海上保安庁のホットライン「118」に連絡しましょう。英語のオペレーターも24時間対応しているため、外国人でも安心して連絡できます。

 

警視庁総合相談センター

警視庁総合相談センターのホットライン「#9110」に電話をすると、相談内容に応じた窓口に繋いでもらえます。具体的にどこのホットラインに連絡すれば良いかわからない場合は、警視庁総合センターに連絡し、専門の相談窓口を紹介してもらいましょう。ただし、事故や事件が発生した現場にいるなど、緊急性が高い場合は「110」に連絡します。

 

怪我や急な病気、火災の場合

 

日本で急な怪我や病気をした場合や、火災が発生した場合に取るべき行動について、詳しく解説します。緊急時の電話ではつい焦ってしまいますが、事前に電話した後の流れを把握しておくと、慌てず落ち着いて話せるようになります。

 

怪我、急病は119

大きな怪我をした場合や急病に見舞われた場合は、「119」に電話をすると救急車を呼べます。消防のオペレーターに繋がり、救急車が出動するにあたって必要な情報を聞かれるため、落ち着いて答えましょう。

 

救急である旨を伝えると、住所などの現在地を聞かれます。具体的な住所がわからない場合は、近くに見える建物や交差点の名前などを答えましょう。なお、電信柱や自動販売機には、町名や番地などの現住所が書いてあり便利なため、周りにないかどうかを確認することが大切です。

 

その後は、怪我や病気による症状をなるべく細かく説明し、年齢も伝えます。救護が必要な人の年齢がわからない場合は、おおよその年齢で構いません。もし持病や普段飲んでいる薬の名前などがわかる場合は、合わせて伝えておくと良いでしょう。

 

最後に、自分の名前と連絡が取れる電話番号を伝えます。万が一、救急車の出動場所が不明確な場合に、改めて問い合わせの電話が来ることがあるためです。余裕がある場合は、救急車の到着までにできることやすべきことを質問できると良いでしょう。

 

救急車到着までにできることとしては、「パスポートや在留カードなどの身分証明書」「病院での支払いに使う現金やクレジットカード」「普段飲んでいる薬」の準備が挙げられます。

 

救急車が到着したら、怪我や体調が悪くなったときの状況や、救急車が到着するまでの症状の変化、特につらい症状、普段飲んでいる薬、持病などについて伝えます。到着前にメモにまとめておくと、スムーズに伝わり便利です。

 

火災も119

日本では、怪我や病気の場合と火災の場合は、同じ「119」に電話します。近くで火災を目撃した際には、まずは自分の身の安全を確保した上で、すぐに「119」まで電話をしましょう。

 

救急の電話と同様に、現在地の住所や近くに見える建物や目印を伝えた上で、連絡が取れる電話番号を伝えます。火災の場合には、具体的に何が燃えているのか、初期消火の状況、避難状況も聞かれるため、冷静に答えることが大切です。

 

まずは火事か救急か伝える

「119」に電話をすると、消防のオペレーターに繋がり、最初に「火事ですか?救急ですか?」などと聞かれます。電話が繋がると慌ててしまうこともありますが、まずは落ち着いて火事か救急かどちらかをはっきり答えるようにしましょう。

 

事故や事件の場合

 

日本で事故や事件に遭ったときや、そのような場面に遭遇した際の対処方法について解説します。

 

警察への緊急ダイヤルは110

日本で事故や事件に遭ってしまったら、まず自分の身の安全を確保した上で警察を呼びましょう。警察を呼ぶ際には「110」をダイヤルし電話をかけ、状況を説明します。もし近くに交番がある場合は直接交番に向かい、警察官に事情を説明します。交番は地区ごとに設置されている、警察官の派出所です。24時間体制で警察官が待機しており、パトロールも行っています。

 

相談は#9110

「110」は緊急時のホットラインですが、「緊急ではないけれど相談したいことがある」といった方に向けて、警視庁は総合相談センターのホットラインも開設しています。何か困ったことがあったときは「#9110」に電話をすると、相談内容に適したホットラインに繋いでもらえます。具体的にどこのホットラインに電話すればいいかわからないといった人でも、気軽に電話し相談することが可能です。

 

例えば、犯罪被害に遭い悩みを相談したい場合、行方不明者の相談、暴力団に関するトラブル、運転免許の手続き、インターネット関連のトラブルなどに関するホットラインに繋いでもらえます。間違い電話が非常に多いため、電話をかける前には「#9110」であることを改めて確認するよう気をつけましょう。

 

まとめ

 

日本で災害や事故、怪我などの緊急事態が発生した際の対応についてまとめました。救急と火事の場合は「911」、事故や事件の場合は「110」、警視庁の総合相談センターは「#9110」に電話しましょう。

 

つい焦ってしまいオペレーターからの質問にうまく答えられないといったことがないように、事前に対応の流れを把握しておくことは大切です、緊急時こそ、落ち着いて冷静に話すことを心がけましょう。