契約・手続き

出入国在留管理庁とは?入国管理局との違いや役割、どんな手続きができるのかを解説

近年、日本で働く外国人や観光客が増えてきました。飲食店やコンビニで外国人が働いているのを目にしたことのある人は非常に多いのではないでしょうか。 日本では人材不足や労働力不足を補うために、外国人を積極的に受け入れる傾向にあります。しかし、外国人労働者が増えたことによって、不法就労などの問題も増えています。外国人が日本で安全に働けるように、日本企業が問題なく雇用できているかをチェックしなくてはなりません。 不法就労などの問題を少なくするために、2019年4月に「出入国在留管理庁」が新設されました。 この記事では、出入国在留管理庁がどのような機関なのか、どんなことができるのかについて詳しく解説していきます。