News

自治体や職場からもらえる出産・育児のお金

日本で妊娠・出産をして、子どもを育てるには、多くの費用がかかります。しかし、行政や職場など、申請をおこなうことでもらえるお金(=助成金)もたくさんあります。ただ、助成金の申請窓口や申請方法はとても複雑で、日本人でも難しく感じている方が多いです。この記事では、日本での妊娠・出産、育児でもらえるお金について詳しく解説します。この記事で紹介する制度は、日本に住民登録をしている外国人が対象となります。短期滞在(=日本の滞在が1年未満)の方は制度の対象とならないので注意してください。なお、この記事に書かれている情報は掲載した時のものです。詳細については、お住まいの地域の市区町村役場にお問い合わせください。

【日本での妊娠~出産まで】費用はいくらかかる?

日本で暮らす外国人にとって、外国での妊娠・出産に大きな不安を感じる方も多いでしょう。特に妊娠・出産にかかる費用は、国によって差があります。日本での正常な妊娠・出産は、病気や怪我と同じようには扱われません。そのため、妊娠・出産でかかる病院費用は健康保険の対象外となり、自己負担になります。ですから、日本で妊娠・出産をする場合は行政や職場からの助成金などを上手に利用して、自己負担を減らす工夫が必要です。この記事では、日本での妊娠から出産までにかかる費用を解説します。

インターナショナルジョブフェア東京2022

ダイバーシティとインクルージョンを推進し、日本在住外国人により多くの就業機会と 生活支援情報を提供する「第2回インターナショナルジョブフェア東京2022」を 東京浜松町で11月25日、26日に開催します。 外国人の就職と活躍を支援する国内唯一無二の一大イベント。 外国人を採用したい企業、外国人材紹介会社、監理団体、生活支援企業、学校関係者、 そして就職したい外国人留学生、転職希望の日本在留外国人が集います。